アクセスカウンタ

<<  2008年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
保育園の子ども達
保育園の子ども達 旅ではいつも、保育園や養護学校に出かけます。 おみやげの文具を少し持って行って、それから、歌も聴いていただこうと練習したりもしました。 曲は満天の星とボルネオの歌、ラササヤン。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/18 10:52
夜の鳥、動物たち
夜の鳥、動物たち 夜にも、ナイトサファリや、ナイトクルーズにでかけて、動物や鳥たちに出会うことができました。夜の鳥はライトをあてても眠っていてすぐそばでその姿をみせてくれるのです。なんてなんてきれいな色・・・ごめんね。眠っているときに・・そう思いながらも、やっぱりこんなきれいな鳥を身近で見れるととてもうれしいのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/18 10:47
めずらしい花
めずらしい花 めずらしいきれいな花がたくさんありました。種ができているのを見たりすると、ああ、持って帰って育ててみたいなあというような気持ちもわいちゃうけど、いけないいけない、生態系が壊れちゃうものねと、それはしませんでした。ボルネオの花はボルネオで咲いていて、そして私もだからこそ、出会えた花だということが本当は素敵なのですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/18 10:44
遠くに見えたオナガザル
遠くに見えたオナガザル 何日かいるうちに葉っぱの揺れや、形で遠くにいるお猿さんもずいぶんみつけるのが速くなって、ワンディさんにほめられました。うれしい・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 16:57
逆さ虹
逆さ虹 めずらしい逆さ虹をボルネオで見ることができました。環天頂アーク(逆さ虹) というのだそうです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%A9%E9%A0%82%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 16:51
果物屋さん
果物屋さん 果物を売っていた女の人、にこやかで、可愛い笑顔。 大きな袋にいっぱい入れても5リンギット。1リンギットは33円です。 めずらしい果物がいっぱいありました。小さいバナナは、とっても甘くておいしかったなあ。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/12 11:34
ジャングルの中の吊り橋
ジャングルの中の吊り橋 これもずいぶん大きな吊り橋です。大きくても揺れるから怖いものは怖い。 でも、怖いけどおもしろいからやめられないのです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/08/12 11:30
− タイトルなし −
− タイトルなし − 不思議な植物がたくさんボルネオにはありました。 長く伸びたシダが、四角形や五角形?を作って冠のように頭にかぶれるような草、この葉のように、いろんな形の突起物がついている葉っぱ。そのどれも、きっと理由があって、そのような形になっているのでしょうね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 11:25
大きなダンゴムシ
大きなダンゴムシ ナイトサファリでガイドさんが手に載せてくださったのは、こんなにも大きなダンゴムシ。 団子の間は手に載せるのはこわくないけど、開いたらやっぱり怖いなあ。ちょっとナウシカのオームみたいだなあと思いました。そうだ、ボルネオの大きなシダ類も、ナウシカの世界のようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/12 09:50
学生さん
学生さん 学生さんが英語ではなしかけてくれました。 笑顔が本当に素敵です。 イスラム教の女の人たちは、髪の毛を布で覆ってかくしています。結婚相手以外には決してみせることがないそうで、小学生も制服は髪を隠すものでした。「本当は初潮が始まったらなんだけど、制服で練習しているということもあるのだろうね」とワンディさんが教えてくださいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 09:37
入道雲
入道雲 気がつくと空の写真ばかりとっていた私、 青い空と白い雲に、心がすいこまれるようだった。 私は、少し苦しいことが前に、そして今もちょっとなんだけど、あって、でも、空を見ていると涙がでるくらいに、心が揺れて、ああ、もうそんなことも、思い煩うことじゃない。全部がちゃんといいふうになってくれるからと感じられて、祈るように空ばかりを見ていたのでした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 09:27
果物市場で見かけた赤ちゃん
果物市場で見かけた赤ちゃん ボルネオのいろいろな場所で、果物市場や野菜市場を見かけました。いろんな市場をのぞくのはとても楽しいです。 お母さんに抱かれたあどけない様子の赤ちゃんがはっとするほど可愛かったです。もっと小さい赤ちゃんは、布で包まれるように抱かれていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/12 09:24
ロッジへ向かう大きな吊り橋
ロッジへ向かう大きな吊り橋 ロッジへ向かう大きな吊り橋です。吊り橋はたくさん渡りました。本当は、ものすごく高い木と木をむすんだ長い長い、そして、両足は載らないような幅の吊り橋を渡りました。高いところがすごく怖い私には、写真をとる余裕があまりなく、とった写真はひどいものでした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 09:21
ロッジのすぐそばに来たカニクイザルの家族
ロッジのすぐそばに来たカニクイザルの家族 川のほとりにロッジは建てられていました。川に遊びに来ていたカニクイザルの家族、テラスにも来てくれて、このロッジが、森の中にあるということを実感しました。 ガイドをしてくださったワンディさんは、サルと、しっぽのないものと人間とがあると教えてくれました。サルとしっぽのないものは分けられていたのです。 オランウータンやチンパンジーはしっぽのないもの。 カニクイザルは長いしっぽがありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/12 09:17
合歓の花に似ているけれど
合歓の花に似ているけれど 合歓の花にとてもよく似ているけれど、葉っぱが違っていました。色も赤い色。合歓に似ているオジギソウはたくさん生えていました。大きいオジギソウもちゃんと触るとお辞儀をしてくれるのでした。ところでオジギソウはどうしてお辞儀をするのかな?それをすると、虫がびっくりするのかな?それで、葉っぱを食べなくなったりするのかな?それから、どこかに触ると感じるようなところがあるのだろうなあ・・とボルネオでもどうしてちゃんな私でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:58
宇宙生物?みたいな銀色に光るあぶ
宇宙生物?みたいな銀色に光るあぶ ボルネオでは珍しい昆虫もたくさん見ました。白い花の蜜をすっていたあぶは、金属光沢があって、まるで宇宙生物のようだなあと、宇宙生物なんて見たこともないのに、そんなことを思ったのでした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:37
ペナン族の子ども達2
ペナン族の子ども達2 所在なげに、机の上に、ぼんやりといるペナン族の子ども。犬やにわとりがたくさんいました。子ども達は、手にたくさんきれいなビーズの飾りをつけていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:32
ペナン族の子ども達
ペナン族の子ども達 お母さんと一緒に、川で沐浴していた男の子。ペナン族の子ども達の髪型は、前と横が短くて、後ろはおかっぱのように、長く、肩にかかるより少し短くまっすぐに切りそろえられていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:25
ペナン族のおばあさん
ペナン族のおばあさん ムルの洞窟の近くに、ペナン族の村がありました。 火のついた吹き矢を扱う、誇り高い部族で、けれど、とても穏やかで、火のついた吹き矢は動物をどうしても捕らなければならないときに使うとのことでした。おばあさんは鼻の穴に笛を押し当てて、吹いてくれました。耳たぶには大きな穴があいていました。ペナン族は耳長族とも呼ばれるのだそうです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:22
ボルネオの空・雲
ボルネオの空・雲 印象的だったのが、ボルネオの空、ボルネオの雲でした。 むくむくと大きくなる入道雲、広がる筋雲、何もかもがとても美しく、そして懐かしい気持ちがしたのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/11 13:18
フォレストロッジの部屋
フォレストロッジの部屋 旅では泊まるホテルやロッジのお部屋も楽しみでした。広い部屋、狭い部屋、きれいな部屋、虫も一緒の部屋などもありましたが、どこも素敵でした。 ここはフォレストロッジという小さな船に乗って行くロッジの部屋です。小さな部屋ですが、落ち着いた感じが素敵でした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 11:52
ハイビスカス
ハイビスカス ハイビスカスはマレーシアの国花です。マレーシアでは、「ブンガラヤ」という名前で呼ばれているそうで、「偉大な花」という意味なのだそうです。 色は白と赤、それからオレンジをよく見ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/08 11:49
ボルネオの昆虫 ナナフシ
ボルネオの昆虫 ナナフシ 木と木の間に総長480メートルで、歩く幅が20センチほどの吊り橋がかけられていて、そのあいだを歩くキャノピーウォークというのをしました。すっごくすっごく怖いです。私はこんなにも高いところが怖いのかと実感しました。ちょっと揺れるだけで、足下が崩れて下へ落ちていくイメージがどんどんうかんできます。そこへ行くと中、また怖いことを知らない間に、たくさんのナナフシに会いました。よくみないと枝と間違えて昆虫だとはわからないほど、周りの枝にそっくり。ナナフシを見つけた私にワンディさんが、「ガイドに... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/08 11:29
ドリアンの木
ドリアンの木 サンダカンの街につくと、街全体がドリアンのかおりがするような木がしました。レストランのそばには、ドリアンの木が生えていました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 11:15
オオトカゲ モニター
オオトカゲ モニター オオトカゲはモニターと呼ばれていました。 長い舌をちょろちょろだして、のっしのっしと歩いていました。体長は、一メートル以上はあって、すごく大きく感じました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 11:07
トカゲ Striped Tree Skink
トカゲ Striped Tree Skink とかげなのですが、「スキンク」という名前なのだそうです。トカゲとは分けて考えられているようでした。光が当たると、宝石みたいにキラキラと鱗がひかっていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 11:01
テングザル
テングザル サンダカンのフォレストロッジのジャングルクルーズで、テングザルと出会うことができました。お腹が大きくて、鼻の長いテングザルは、ボルネオで会いたかった動物のひとつでもあります。 小さな赤ちゃんを抱っこしたお母さんもいました。雌はあまり鼻が大きくなくて、赤ちゃんは、鼻は少しも大きくありません。みんな仲良し。お父さんはグループの中で、すごく大きくて頼もしく見えました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 10:52
タビンのロッジの黒猫
タビンのロッジの黒猫 タビンへは街から、舗装されていない道を、クーラーの効いていない小型バスに乗って、揺られながらパーム椰子の林をいくつも抜けて行きました。ロッジは川のそばのロッジと、林の中のロッジに分かれていました。そして、真ん中に、食事をしたり、くつろぐスペースの大きめのロッジがつくられていました。 そこには黒猫が住んでいて、私たちのなつくでもなく、離れるでもなく、きままに、静かに暮らしていました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 10:33
ボルネオの空
ボルネオの空 ボルネオの太陽の下にいると、昔の日本の夏を思い出しました。小林さんも、「昔は、こんな夏だった。太陽が昼はぎらぎらして、でも、風が吹くと涼しくて、夜になると、外が涼しくて、縁側で将棋なんかしてたなあ」「ボルネオは私の第二の故郷みたいだと感じる」とおっしゃっておられたのはどなただったでしょう。谷さんは「ジャンボ宝くじが当たったら、ボルネオに住みたいなあ」とも言われていました。ボルネオと、日本はぜんぜん違うはずだけど、それくらい、心がほっとして、なつかしい感じがする場所でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 10:29
ボルネオの鳥 サイチョウ
ボルネオの鳥 サイチョウ ボルネオにはとても多くの種類の鳥がいます。きれいな色の鳥、大きな鳥・・いっぱい。 サイチョウは、とても大きな鳥です。羽を広げたらきっと一メートルか、もっと大きいのじゃないでしょうか? 写真の鳥はタバンにいました。ゴアゴアゴアという大きな声で鳴いていました。 クロサイチョウという名前だったと思います。その他にもカササギサイチョウなど、いくつかのサイチョウに会いました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 10:25
コタキナバルのホテルからの夜景
コタキナバルのホテルからの夜景 コタキナバルってなぜか言えずに、いつもコナキタバルとか、コキタナバルと行ってしまう私。どうしてもなおらずに、今もどれだったか確認しながら書いています。いろんなことに弱いけど、カタカナにとても弱い私です。そんなことよりも、コタキナバルは大きな街でした。マクドナルドも、ケンタッキーも、それから、ピザハットもありました。(大きな街だという私の基準がちょっとへんてこでしょうか?) ボルネオは世界で3番目に大きな島。そして治安はとてもよいのだそうです。朝早くから出かけることが多かったので、ほとんどお... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/08 10:11
世界一大きな洞窟
世界一大きな洞窟 「足にウンチがついてもかまわない人はサンダルを、そうでない人は、靴か、あるいは、もっと心配な人は長靴をお願いします。上からも落ちてくるので帽子もお願いします」とワンディさん。でも、広い広い洞窟のひんやりとした不思議な空気の中では、コウモリのウンチも、そこにあって、当たり前のことだし、とりたてて汚いというような気持ちもしないのが不思議です。 小林さんが「どう?創造力かき立てられる?」と聞いてくださったけれど、本当に、私は何度も、「モナの物語」のアルの洞窟や、ドーパの洞窟や、それから、最初に迷... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 09:45
ドラゴンフライ
ドラゴンフライ 山からドラゴンが飛び出したように見えることから名付けられた「ドラゴンフライ」が飛び出す瞬間を私たちは洞窟探検のあと、ずっと待っていました。 このドラゴンフライの正体は、ムルのあたりにある世界一大きな洞窟から、えさを求めて夕方飛び出すコウモリの群れです。 このあたりには300万匹のコウモリがいるそうで、幾編隊にも分かれて、40分間ほどのあいだに、いくつものドラゴンフライが飛び出すのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 09:41
旅の荷物
旅の荷物 ムルの小さな空港で、子ども達が指さすのは、山盛りに積まれた私たちの荷物でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 09:26
ボルネオの蛇
ボルネオの蛇 Twin-barred Tree Snakeという名前の蛇じゃないかなあと、ネットでいろいろ調べていて、そう勝手に決めました。違ったら教えてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 09:16
ボルネオリス
ボルネオリス ムルの洞窟の近くのロッジの木にいたリス。 リスのようだけどムササビのようにも見えました。木に張り付いている感じ。リスの目もとても大きくてきれいでした。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 09:01
オランウータン
オランウータン ボルネオの旅で、会いたい会いたいと思っていたオランウータンに会うことができました。飛行機から見たボルネオはジャングルで一見ジャングルに覆われているように見えたけれど、よく見ると、緑の大半はパーム椰子などの植林された林で、ジャングルは川の近くにそって、本当にわずかだということがわかって、そのことがとてもショックでした。 可愛い目をしたオランウータンのことを、向こうで出会ったジャングルのガイドをしてくださった方は「ビューティフルで、プリティ。そしてやはりビューティフルだ」と言い... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/08 08:53

<<  2008年8月のブログ記事  >> 

トップへ

Kakko's トラベラーズノート 2008年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる